商道(サンド) あらすじ 34~36話 放送予定

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録!

商道(サンド) あらすじ ネタバレ 放送予定

BSで放送予定のあらすじとネタバレ!
商道(サンド) あらすじ 34~36話 放送予定
最終回まで商道(サンド)をネタバレでお届けします!

平均視聴率23.8%であらすじやキャストと相関図も紹介!
最終回まで全50話で放送予定!!
商道(サンド)のあらすじやキャストなどをまとめて最終回までネタバレあり!

韓国ドラマを好きになってみなさんと一緒に楽しむための趣味ブログです♪

前回を見落としてしまった方や次回の話が気になる方などのためにあらすじやネタバレを中心として、
キャストや相関図などのドラマの詳細を1話から最終回を載せていきます♪

今回ご紹介する韓流ドラマは全話50話構成です。
最高視聴率33.1%の作品「商道(サンド)」です。

それでは「商道(サンド)」の34~36話のあらすじ、相関図とキャスト情報などをご覧くださいね!


スポンサーリンク


商道(サンド)の概要とみどころ

☆ 商道(サンド) 概要 ☆

朝鮮王朝時代最高の巨商の波乱万丈の生涯を描いた歴史ヒューマンドラマ!
19世紀 朝鮮王朝時代―
貧しい境遇に生まれながら、私利私欲よりも世のため人のために商売を行い、高麗人参貿易で巨財を成して、晩年そのすべてを民のためになげうった歴史上の偉人であり、朝鮮時代最高の大商人 イム・サンオク。
“商道”を追究したその商人哲学と知徳で数々の苦難を乗り越え、奴婢から高位官職にまで上りつめた実在の大商人の波乱万丈の生涯を描いた骨太の感動巨編!

夢を果たせずにいた父に代わり、訳官を目指すサンオクは、父とともに中国行きの商団に加わった際、松商の大房 パク・チュミョンに密輸の濡れ衣をきせられてしまう。
サンオクは父を打ち首にされ、官奴婢という過酷な境遇に追いやられるが、真鍮器屋で働くうちに商人として頭角を現す。

「とかく商人は、金ではなく人をもって財となせ」「人が残ること、それが利益なのだ」と商道の真意を伝える偉大な恩師、湾商の都房ホン・ドゥクチュとの出会いにより、稀代の商才を開花させていくサンオク。
中国語を巧みに操り、機転を利かせた商いを展開する彼の活躍で湾商は繁栄していくが、ライバル松商のチュミョンは卑劣な手段を使って湾商を窮地に追い込む。
一方、チュミョンの娘タニョンは拝金主義の父のやり方に同意できず、次第にサンオクの人柄に惹かれていくのだが・・・

☆ 商道(サンド) みどころ ☆

みどころはイム・サンオクが使用人の身でありながら、商才を発揮し、商団に大きな利益をもたらすエピソード。
ギリギリまで結果がわからないので、ハラハラすること間違いなし!
時代は江戸時代後期。朝鮮と清との国境に近い義州が舞台です。
主人公のイム・サンオク(1779年~1855年)は巨万の富を築いた実在の人物です。
国境貿易の湾商と、全国に展開する松商の対決が物語の中心で、サンオクは貧しい家庭に育ち、科挙試験を目指しますが、権力の壁に阻まれ挫折します。


スポンサーリンク



商道(サンド)の関連グッズ紹介


【中古】商道 サンド DVD−BOX 2/イ・ジェリョンDVD/韓流・華流

商道(サンド) あらすじ 34~36話

☆ 商道(サンド) 34話

チョン・チスは、清国商団との取引を断念した湾商が戸曹から3万両の融資を受けていたことを知り、湾商の企みを探りはじめる。
その頃、人参貿易の申請のため松都の役所を訪れたタニョンは、サンオクと紅参作りの名人パク・ユチョルが共にいるのを目撃し、さらに5千斤の人参取引を準備していることを知る。タニョンは漢陽松房へ報告し、それを聞いたチョン・チスは、かつて学友だった戸曹正郎イム・ミョンウを通じて、燕京で薬材市が開催されることをつきとめる。松商もすぐさま人参取引の準備に取り掛かり、遅れを取り戻すため無謀な方法に出る。
一方、柳商にも協力を要請して紅参製造に全力を注ぐ湾商のもとへ命拾いしたキム・ドゥグァンが戻ってくる。ドゥグァンから、柵門での密貿易もホン・ドゥクチュの死もすべて松商の仕業であることを知らされたサンオクは、今すぐ役所に告発したい気持ちを抑え、薬材市へと向かう。
燕京に到着した湾商は、密貿易によって抑えられていた人参価格を上げる好機を考え、これまでの90両から大幅に上げて110両を提示する。ところが、何日が過ぎても湾商の宿には清国商人が1人も現れず、不審に思ったサンオクは松商や京商の様子を探らせるが、状況はどこも同じだった。


スポンサーリンク



☆ 商道(サンド) 35話

人参が売れない理由は、清国商人たちが朝鮮の人参は買わないとの談合を行ったからだった。清国でも人参の栽培が始まり、朝鮮産を買う必要がなくなったのだ。
危機感を感じた松商大房パク・チュミョンは各商団の代表者会議を開き、清国商人たちの談合を打ち破るための手段としてすべての商団が70両に価格を統一し、清国商人との交渉に臨もうと提案する。しかし、サンオクは原価にも満たない価格で売ることはできないと拒絶し、清国産の紅参の実態を確かめようと一人旅立つ。
その間、柵門のチン商人が紅参を50両で売り裁いたことをきっかけに、朝鮮商団はなだれを売って安値で人参を手放しはじめる。取り残された湾商の仲間たちの焦りは募るばかりだが、サンオクが帰らないことには何もできない。 そして、ようやくサンオクが燕京に戻ってくる。

☆ 商道(サンド) 36話

湾商の宿に戻ったサンオクは人参の値を下げるどころか150両に上げ、しかも松商や京商の人参までもすべて買い取る。
サンオクのバカげた行いを不審に思いながらも、じきに終わる薬材市を前に、松商は帰り支度を始める。タニョンはサンオクの無謀な態度を心配し、説得しようとするが、サンオクは取引で頭がいっぱいだからと面会を断る。
強情なサンオクを見るに見かねた燕京の薬材商ワン商人がやってきて人参価格を下げるよう説得するが、サンオクの決心は揺るがない。
そして、とうとう清国産の紅参が40両で売りだされる。これで一巻の終わりと絶望した湾商の仲間たちはサンオクにつめ寄ると、サンオクは清国産の人参を買ってこさせ、それがいかに粗悪品であるかを皆に説明する。
清国産人参の実物を見て自分たちの商品に自信を持ったサンオクは、人参価格を160両に吊り上げる。清国商人はさらに反発し、湾商と取引したら清国商界から追放するとのお触れまで出る。
このまま1つも取引できなければ湾商はつぶれる。頑固な清国商人たちの談合をどうやって崩したらいいのか。絶体絶命の危機に陥ったサンオクは、山寺の和尚に授かった布袋を思い出し、開けてみると…。

商道(サンド)-全話と前回・次回のあらすじ情報

商道(サンド) あらすじ 31~33話 放送予定

商道(サンド) あらすじ 37~39話 放送予定

商道(サンド) あらすじ 全話一覧 放送予定

商道(サンド)-相関図・キャスト情報

商道(サンド)-登場人物-キャスト-相関図


スポンサーリンク


おすすめ関連記事



その他おすすめの韓国ドラマ

人気-韓国ドラマ-あらすじ-全話一覧

キャストと相関図-全一覧

韓国ドラマの放送予定一覧

韓ドラ見放題おすすめサービス

最新映画はレンタル同時配信!地上波テレビドラマを追っかけ配信!
海外・韓流ドラマが充実!アニメもとことん楽しめる!