商道(サンド) あらすじ 28~30話 放送予定

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録!

商道(サンド) あらすじ ネタバレ 放送予定

BSで放送予定のあらすじとネタバレ!
商道(サンド) あらすじ 28~30話 放送予定
最終回まで商道(サンド)をネタバレでお届けします!

平均視聴率23.8%であらすじやキャストと相関図も紹介!
最終回まで全50話で放送予定!!
商道(サンド)のあらすじやキャストなどをまとめて最終回までネタバレあり!

韓国ドラマを好きになってみなさんと一緒に楽しむための趣味ブログです♪

前回を見落としてしまった方や次回の話が気になる方などのためにあらすじやネタバレを中心として、
キャストや相関図などのドラマの詳細を1話から最終回を載せていきます♪

今回ご紹介する韓流ドラマは全話50話構成です。
最高視聴率33.1%の作品「商道(サンド)」です。

それでは「商道(サンド)」の28~30話のあらすじ、相関図とキャスト情報などをご覧くださいね!


スポンサーリンク


商道(サンド)の概要とみどころ

☆ 商道(サンド) 概要 ☆

朝鮮王朝時代最高の巨商の波乱万丈の生涯を描いた歴史ヒューマンドラマ!
19世紀 朝鮮王朝時代―
貧しい境遇に生まれながら、私利私欲よりも世のため人のために商売を行い、高麗人参貿易で巨財を成して、晩年そのすべてを民のためになげうった歴史上の偉人であり、朝鮮時代最高の大商人 イム・サンオク。
“商道”を追究したその商人哲学と知徳で数々の苦難を乗り越え、奴婢から高位官職にまで上りつめた実在の大商人の波乱万丈の生涯を描いた骨太の感動巨編!

夢を果たせずにいた父に代わり、訳官を目指すサンオクは、父とともに中国行きの商団に加わった際、松商の大房 パク・チュミョンに密輸の濡れ衣をきせられてしまう。
サンオクは父を打ち首にされ、官奴婢という過酷な境遇に追いやられるが、真鍮器屋で働くうちに商人として頭角を現す。

「とかく商人は、金ではなく人をもって財となせ」「人が残ること、それが利益なのだ」と商道の真意を伝える偉大な恩師、湾商の都房ホン・ドゥクチュとの出会いにより、稀代の商才を開花させていくサンオク。
中国語を巧みに操り、機転を利かせた商いを展開する彼の活躍で湾商は繁栄していくが、ライバル松商のチュミョンは卑劣な手段を使って湾商を窮地に追い込む。
一方、チュミョンの娘タニョンは拝金主義の父のやり方に同意できず、次第にサンオクの人柄に惹かれていくのだが・・・

☆ 商道(サンド) みどころ ☆

みどころはイム・サンオクが使用人の身でありながら、商才を発揮し、商団に大きな利益をもたらすエピソード。
ギリギリまで結果がわからないので、ハラハラすること間違いなし!
時代は江戸時代後期。朝鮮と清との国境に近い義州が舞台です。
主人公のイム・サンオク(1779年~1855年)は巨万の富を築いた実在の人物です。
国境貿易の湾商と、全国に展開する松商の対決が物語の中心で、サンオクは貧しい家庭に育ち、科挙試験を目指しますが、権力の壁に阻まれ挫折します。


スポンサーリンク



商道(サンド)の関連グッズ紹介


【中古】商道 サンド DVD−BOX 2/イ・ジェリョンDVD/韓流・華流

商道(サンド) あらすじ 28~30話

☆ 商道(サンド) 28話

商団として生き残るには人参交易権の獲得が必須というホン・ドゥクチュの言葉を受け人参交易権の分配に参加したサンオク。
しかし、朝鮮中の商団が獲得に向けてしのぎを削る中、湾商はあまりに実力不足だった。

しかも、人参交易権の獲得には人参畑や人参を栽培する技術者の確保よりも朝廷の権力家を味方につけることが不可欠と知り、サンオクは暗澹とする。

そんな時、漢陽松房にいるチェヨンがサンオクのもとにやってきて、今、朝廷ではキム・ドゥシクとパク・チョンギョンが権力を二分していると教えられる。
さらに、パク・チョンギョンは実権を失いかけており、いち早くその情報を手に入れた松商と京商はパクを見限り、キム・ドゥシクに莫大な裏金を渡して関係を深めていた。

これを知ったサンオクはパク・チョンギョンに近づき、パクに権力を取り戻すための手段を助言すると同時に、人参交易権の審査が公正に行われるよう協力を要請する。

そして数日後、人参交易権の配当が発表される。


スポンサーリンク



☆ 商道(サンド) 29話

最高得点で1万斤の人参を獲得した京商に続き、湾商は7千斤を獲得する。
サンオクの作戦が成功したのだ。
奇跡の大逆転に大喜びする湾商に対し、莫大な裏金を使ったにもかかわらず3千斤の獲得に終わった松商は愕然とする。

サンオクのおかげで失権の危機を免れたパク・チョンギョンは、今後も後ろ盾になる代わりに裏取引を提案するが、サンオクはこれを断る。

一方、人参交易権のショックに沈む松商では、松商大房パク・チュミョンの失敗に不信感を抱いた松房の各都房らが大房を追い出そうと決議するが、これを知ったチョン・チスが首謀者を痛めつけ、パク・チュミョンに謝罪させる。
この現場を目撃したタニョンはショックを受け、これ以上大房のやり方にはついていけないと自ら本店都房を辞退し、義州へ戻って絹屋の店主になる。

その頃、義州ではミグムの母がサンオクの母にミグムとサンオクの結婚を持ちかけ、ミグムに好感を持つサンオクの母はサンオクに気持ちを確かめるが、サンオクはすでに心に決めた人がいると打ち明ける。

見事人参交易権を獲得し、湾商本店の屋敷を取り戻したサンオクは、柵門のホン・ドゥクチュを迎えにいく。
ドゥクチュはサンオクから結果を聞いて心から喜び、都房の座を託すと告げる。

☆ 商道(サンド) 30話

サンオクを都房に任命した湾商都房ホン・ドゥクチュは、湾商を離れキム・ドゥグァンと共に柵門へと旅立つ。

一方、松商ではチョン・チスが本店都房となり、手下を固める。
人参交易権獲得のため多くの資金を使った松商は厳しい資金難に陥り、パク・チュミョンはチョン・チスに義州の大定江運営権を売却するよう命じる。
そして、劣勢になった人参交易を何としても挽回すべく、京商が手配するはずの人参畑を横取りし、京商が獲得した人参の割り当てを譲れと脅す。

人参交易権を獲得し、商団再建の大きな機会を手に入れた湾商は、人参取引に向け着々と準備を進める。
まずは湾商の基盤となる大定江の商権を松商から取り戻すため、柳商の行商人に義州で商売をさせる一方、龍岩浦での運営にも力を注ぐ。

龍岩浦に客をとられた大定江は閑古鳥が鳴く状態となり、窮地に追い込まれたチョン・チスは、国法で厳しく禁じられた人参の密貿易に手を染める。

思惑どおり松商から大定江船団の運営権と義州の店舗をも取り戻したサンオクは、人参交易権獲得後、初の人参取引をすべく柵門へと向かう。

商道(サンド)-全話と前回・次回のあらすじ情報

商道(サンド) あらすじ 25~27話 放送予定

商道(サンド) あらすじ 31~33話 放送予定

商道(サンド) あらすじ 全話一覧 放送予定

商道(サンド)-相関図・キャスト情報

商道(サンド)-登場人物-キャスト-相関図


スポンサーリンク


おすすめ関連記事



その他おすすめの韓国ドラマ

人気-韓国ドラマ-あらすじ-全話一覧

キャストと相関図-全一覧

韓国ドラマの放送予定一覧

韓ドラ見放題おすすめサービス

最新映画はレンタル同時配信!地上波テレビドラマを追っかけ配信!
海外・韓流ドラマが充実!アニメもとことん楽しめる!