1%の奇跡(2016)-あらすじ-9話~10話-ネタバレ

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録!

韓国ドラマ-1%の奇跡(2016)
韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!放送予定!
韓国ドラマ-1%の奇跡(2016)-あらすじ-9話~10話-ネタバレ
最終回までをネタバレありであらすじを配信中!
放送予定の1%の奇跡(2016)を配信!キャストと相関図も紹介!

【1%の奇跡(2016)-概要】

小学校教師のダヒョンは、生徒たちを連れて野外授業に出ていたある日、山で行き倒れになっている老人を見つけて病院に連れていく。
ダヒョンの優しさにいたく感動した老人だったが、実はその人物は大財閥ソンヒョングループの会長、イ・ギュチョルだった。
イ会長は、グループの影響が少ないホテルで好き勝手に仕事をしている孫のジェインを見かねて、見ず知らずのダヒョンと結婚しろというとんでもない内容の遺言状を作成する……

1%の奇跡(2016)のあらすじやキャスト、相関図などをまとめて最終回までネタバレありで全話配信!

スポンサーリンク


【1%の奇跡(2016)-あらすじ-9話~10話】

💛 1%の奇跡(2016)-あらすじ-9話

ジェインに頼まれてダヒョンはぎこちない手つきで彼のネクタイを締めます。その後何か朝食を食べようと冷蔵庫の中を確認しますが、そこには水とお酒しか入ってません。なのにそのお酒も彼は捨てようと思っていると言います。

「次の告白は君が素面の時に聞きたいからね。」

ダヒョンは酔っていたからあれは間違いだと言うますが、ジェインは昨夜彼女が泣いて彼に縋り付いて挙句の果てに飛び乗ってきた、覚えてないのかい?-とからかいます。彼女はむっとした顔で否定します。

彼はホテルで朝食をするから一緒に食べようと誘いますが、彼女はそんなことしたら一夜を共に過ごしたと宣伝するようなものだと抗議します。でも彼は「でも本当のことだろ。」と言い、ニッと笑いながら足を踏み出します。

結局ホテルで朝食を共にすることになったダヒョンはジェインは頑固だと文句を言います。従業員のカンが彼らを見つけジェインと話しをしにやって来ます。ダヒョンは身体の向きを変え、顔を見られないようにしますがジェインは部下に真剣交際をしている相手だと紹介してしまいます。そして所用を済ませるために席を立ちました。彼女は独りで朝食を済ませることになってしまいます。

ダヒョンは勇気を振り絞って荒らされた自分のアパートを片付けようとアパートに戻ります。彼女が自分のアパートへ戻ったと聞いてジェインは怒りをあらわに今から行くから喫茶店で彼を待つように言います。

仕事を早く終わらせたジェインがエレベーターを待っているとジュヒが突然後ろから抱きついて来ました。ジュヒを嫌な顔で払いのけるジェインですが、ジュヒは公衆の面前でそんなきつい反応されると困るとジェインに不平を言います。ジェイン最初に困らせるようなことをしなければ良いと一蹴し、彼女のお茶の誘いを断ります。

自分のアパートのそばにあるベンチで座っているダヒョンを見つけたジェインは彼女が大丈夫かどうか尋ねますが、もう十分恐怖を感じているのだからそれ以上心配しないでと言います。彼はもしそうなら余計にここへ一人で来るべきじゃなかったと言いますが、彼女はそれでも自分の家なのだからと言います。

彼がアパートに向かって歩き出すと彼女は彼のジャケットの背中部分をまじまじと見ます。そこには何か白い粉のようなものが付いています。彼女は彼の方に顔を近づけて匂いを嗅いでみました。(まあ、まさかこれってもしかして…)

「ねえ、あなた本当にホテルへ仕事しに行ってたの?」彼女は続けます、「化粧品のような匂いがするわよ。」

困惑した様子でジェインは自分の服のに匂いを嗅ぎ始めます。そして彼女はジャケットも着替えた方が良いー誰かが後ろから抱きついたみたいだから、と指摘します。何かに気づいた様に彼はハッとして小さく「しまった」と呟きます。ダヒョンはそれをジェインが己の罪を認めたのだと思います。「地下鉄に乗るわけじゃないものね。」続けて彼に言います。こんな時間に服に化粧をつけてる彼をどうやって信じればいいのと。彼は何もやましい事はしていない、信じてくれと頼みますが彼女の疑念は晴れません。

二人で被害状況を確認するため彼女のアパートに入ります。ダヒョンはジェインに高価なものは何も盗られていないと言います。(彼女が作ったジスのスクラップブックも高価なものに入っているのですね。笑)床に落ちた下着を見つけた彼女は慌ててそれを拾い仕舞いますが、それを見たジェインはニヤニヤしています。

そこへはたと何かに気づいた彼はおもむろに二人が交わした契約書は無事か彼女に聞きます。ダヒョンは契約書を見つけますが、箱に入れてあったはずの契約書が箱の外に出ていたことに戸惑いを隠せません。車へ向かいながらもしかするとこのことが問題になるのではと彼女は考えます。彼は最も重要なのは彼女の無事で、この黒幕を探すのは自分の役目だと彼女に言います。

彼女は再び彼のスーツのジャケットに目をやります。彼はそれを脱ぎ、車の後部座先に投げ込みます。しかし、彼が運転している間も彼女はそのジャケットから目を話離しません。その女性がホテルにいるから昨夜彼はホテルに泊まりたかったのかと彼に聞きます。

ジュヒはただの知り合いの女性で偶然会っただけで、彼女とはそんなんじゃないと断言しますが、彼女は彼を見ようとしません。最終的には折れて彼女はただ嫉妬深い彼女役を演じようとしていただけだと言います…でも本当に?彼女は彼ともう少しあれやこれやと言い合い、最後は彼も笑ってしまいます。

二人はスーパーに立ち寄ります。ダヒョンが彼にラーメンを食べたいか聞きます。彼は食べたくないと言いますが、もしラーメンで彼をベッドに誘おうとしているのなら喜んで食べると言います。ダヒョンはふざけて軽く彼の腕を叩きますが、突然ハッとします。彼は腕を怪我して、今朝は腕が痛くて動かせなかったはずなのに… 騙されたと分かった彼女はもう一度彼の腕を叩きます。

彼の家で彼女は夕食を作ります。二人で食卓に座ると、しばらくの間ここに泊まれば良いと彼は彼女に部屋の鍵を渡します。彼は有名人なのでもし彼女が部屋にいることが誰かに見つかれば大事になると彼女は断ります。彼は彼の身を案じてくれているのか彼とスキャンダルに巻き込まれるのが嫌なのか、どちらだと聞きます。現時点でこれ以上複雑にするわけにはいかないから両方が彼女の答えだと言います。

「あなたを好きになるわけにはいかないのよ。」

彼は彼女が自分を好きになる可能性はあるのか尋ねます。情が湧くだろうけどもうあと2,3か月しか一緒の時間は残ってないのにあなたを好きになるわけにいかない、と彼女は言います。彼は彼女の意思を尊重し、彼女のアパートが綺麗になるまで滞在すれば良いと言い、彼女もそれに頷きます。

その夜、ダヒョンは彼女の予定表に記された「契約終了日」という文字を見て悲しそうにため息をつきます。夜遅くまで仕事をしているジェインですが、集中できずに自分の形態を取り出し同じ日付を見つめます。

ジェインが帰宅するとダヒョンは台所で料理をしています。物音に気付いた彼女はキャビネットの向こう側にしゃがみ込みおたまを掲げて身を守ろうとします。その後、彼だと気づいた彼女は立ち上がり安堵の息を吐き、先日部屋が荒らされた件でまだ動揺しているのだと認めます。彼は彼女を後ろから抱きしめ、大丈夫だと言います。彼女が何故こんなに早く帰宅したのか尋ねると彼女が大丈夫か確認するためだと言いました。

テハの父はテハに、これがジェインとダヒョンが付き合っている理由だと祖父の遺言書を見せます。父はどうやってその遺言書を手に入れたのかは伏せたまま、2人は本当に付き合っている訳ではないからテハにもダヒョンを誘惑しに行けと言います。テハはたとえ偽りだとしても従兄弟の彼女に手は出せないと反論すると彼の父は遺言書は最初はジェインンにチャンスを与えているだけで、ジェインが彼女と上手くいかなければ他の人にもチャンスが巡って来ると指摘します。

{父よ、出来るだけ嫌な言い方にしたかったんだね}

ダヒョンに彼女のアパートを改装するにあたって何かリクエストがあるかジェインが尋ねると、鍵を取り換えるだけだと思っていた彼女は驚きます。彼が彼女の部屋を購入したと知り、むせてしまいます。そしてお金があるって良いわね、と皮肉ります。

その後二人はバーでパク弁護士と落ち合います。そこへジュヒが現れ親しげにジェインの名を呼びます。彼女はダヒョンを見て誰なのかジェインに尋ねます。ジェインは知る必要は無いと答えるのを拒否しますが、彼女はそれに構わずダヒョンに自己紹介します。ダヒョンは「今日は酔うわけにいかないわ」と飲み物を断ります。ジュヒはパク弁護士を脇に呼び出します。ジェインは「僕はまた告白されても良いから」とダヒョンにお酒を注ぎます。

パク弁護士は、ダヒョンはジェインの彼女で真剣交際中だとジェヒに教え、二人の邪魔をしないように言いますが、彼女は何故ジェインがあんな女性を相手にするのか疑問に思います。「きっと彼は彼女を愛してるんだよ。」パク弁護士が彼女にそう答えると彼女は顔を歪めました。

ダヒョンの部屋を荒らした人物を捕まえたが証拠が見つからないと部下のカンが警察署からジェインに電話をします。これでまた振り出しに戻ったとため息をつきジェインはカンにSH Mallがいつ株主総会を開くのか調べて欲しいと頼みます。

ジュヒは化粧室でダヒョンを追い詰めます。愛想笑いを浮かべ親しげにジュヒは「ジェインは素敵なところがたくさんあって魅力的だけど、あなたに本気じゃないんだから深入りしない方が良いわよ」とダヒョンに忠告します。ダヒョンの服装を一瞥して「彼の好みも本当に古臭くなったものね」と言い悠然と出ていきます。

「古臭いのが彼の好みなのよ!ってどうして言えなかったのかしら?」ダヒョンはぶつぶつと独り言を言います。自分が愚かで、ジェインがジュヒとは何の関係も無いと言ったことを思い出しそれを嘲笑します。ダヒョンが化粧室から出るとジュヒがジェインに話しかけながら馴れ馴れしく彼の腕にぴったりくっついているのが見えます。ダヒョンはジェインに店を出たいと頼みます。

彼女は車の中でずっと窓からそとを見つめたままジェインが何かあったのか聞いても無視し、沈黙のままです。二人が車を降りると、彼は彼女を自分と車の間に追い詰め車に手をつきます。

{またなの、ジェイン?}

彼女が何故起こっているのか聞きますが、彼女が大げさに微笑むと彼はひるんで後ずさります。「ジェイン! リ・ジェイン!」と甘い声音で彼を呼んだあと、普通の声で『あなたが毎日顔を合わせるあの女性』にそう呼ばせるな、と彼に言います。彼のせいでサンウやジスのことを『お兄ちゃん』と呼べなくなったんだからそうでもしてもらわないと公平じゃない、と指摘します。

ジェインはダヒョンに焼きもちを焼いているのかと聞きます。彼女は少し考えて、そうかもしれないと答えます。でもその気持ちが彼女を余計に苛立たせ、彼女は勢いよく家の中へ入ります。彼女は怒っても可愛いと彼は微笑んで独り言ち、ドアベルを鳴らします。彼女が彼の事を「変な奴」と呼びながらもドアを開けます。不機嫌な様子で自宅のパスコードも知らないのかと言いますが、彼は誰かがドアを開けて迎えてくれるってどんな感じがするのか知りたかっただけだと答えます。

ダヒョンは気持ちを落ち着けようと冷蔵庫から水を取り出し一口飲みます。ジェインはジュヒの事は心配しなくても自分は女性と遊びまわるタイプではないと言います。ダヒョンは心配しているのではなくイラついているだけだし、自分にだって好きと言ってくれる男性はたくさんいると言います。

突然心配になった彼は、テハが彼女に連絡をしてきたのか尋ねますが、彼女はテハが誰なのかも知りません。それでも彼女は続けます。「たまたま私を気に入ってくれた人やいつもブラインドデートにも誘われるし」彼は彼女にデートには行くな、行ったら「ママを返して!」って子供を背負って乗り込んでいく、と言います。

彼の方が他の女性と遊んでいるのに不公平だと彼に言います。そこで再びジュヒの笑える真似をして彼女の化粧が彼の服に着いたのは二人が抱きしめ合っていたからじゃないかと疑います。「今素面だから余計に腹が立つわ」彼女が呟きます。彼は微笑み彼女をじっと見つめ本当に素面か尋ねると彼女ははっきりと同意します。

彼はにっこりと笑い立ち上がって彼女のところまで行き、長い口づけをします。体を離し彼女の頬に触れ「行かなきゃ、大変なことになる」と肩で風を切るように出ていきます。彼女は呆然と彼が出ていくのを見つめます。その後彼女はクッションを抱きしめ浮ついたようににっこりと微笑みながらクッションに顔を埋め呟きます。「水でも酔えるんだわ。」

ジェインと部下のカンはSH Mallとホテルの株価が変動していることに何が起こっているのかと困惑しています。特につい最近爆弾騒ぎがあったばかりです。部下のカンは本社でもこの状況は把握していると報告します。祖父は全てを知らなくでもこの話は耳に入っているのではとジェインは考えます。部下のカンは祖父が全ての黒幕でないと確信を持って主張しますが、ジェインは祖父の事をあまり信用しずぎるなと忠告します。

部下のカンはその直後本当に黒幕ではない祖父の元へ向かいます。それでも祖父はジェインの何かがおかしいという勘を信じ、部下のカンに調査するように指示します。

ダヒョンのアパートの改装が終わり、ジェインは彼女の屋上にあるアパートへと彼女を送り届けます。彼が誇らしげに見せた彼女のアパートには指紋認証機能、監視カメラのセキュリティシステムが付き中も綺麗に改装されています。うろたえながら彼女は何故全ての家具を変えてしまったのかと質問しますが彼は古かったからと答えます。

ジスのポスターを丸めて捨てようとした彼に抗議しますが、彼はポスターに嫉妬を感じると言い、挙句の果てに彼女が他の男の写真を部屋に飾るのは気に入らないからポスターを捨てるように言います。彼女は口を尖らせポスターのシワを伸ばします。

おとなしくなったジェインは彼の暗くて空っぽの家に帰ります。ダヒョンが彼のために買った植木を見て微笑みますが誰もいない寝室へ入るとため息をつきます。ダヒョンは見慣れない自分のアパートを見つめます。おかしなことに自分のアパートなのに慣れないようです。その夜二人はお互いに自分のベッドの中で眠れない夜を過ごします…。

スポンサーリンク


💛 1%の奇跡(2016)-あらすじ-10話

ジェインとダヒョンは二人ともそれぞれの家へ戻りますが時間が経つにつれ何かが違うと感じます。お互いの事を考えながら眠れない夜を過ごします。翌日ジェインはダヒョンに前回は自分が彼女の学校へ行ったのだから今日は彼女がホテルへ来いと言います。彼の名前を書いた大きな看板を持って行くわと言うとジェインはそれでも構わないと笑います。

暫くしてジェインは義理の母を見送りにホテルから一緒に出てくる途中で、祖父からジェインのお付き合いの取り決めについて話を聞いたと言います。楽しいだろうけど、ジェインは誰とでも結婚できる境遇ではないのだからダヒョンにあまり夢中にならないようにと釘を刺します。頷きながらダヒョンと結婚出来ないことは分かっていると母に言い彼女を見送りながらため息をつきます。

彼はホテルのロビーで彼を待つダヒョンを見つけ、からかい交じりで看板は何処にあるのか聞きます。彼はホテルを出る前に少し用事があるから彼と上へ行くように頼みますがダヒョンは彼女と居るところを見られれば彼に噂がたってしまうと心配し上へ行くのを拒みます。

とりあえず今はロビーで待つことに彼女は同意します。テハの母が二人の姿に気づきます。ジェインが立ち去った後、彼女は待っていたとばかりに彼女に近づきます。ジェインの叔母だとダヒョンに偉そうに名乗ります。ダヒョンは緊張した面持ちで挨拶します。

その頃ジェインはダヒョンに会いに行く前にいつも通り自分の部下に仕事を指示していきます。エレベーターが中々来ずにしびれを切らした彼は階段を駆け下り彼女のもとへ急ぎます。

ロビーでテハの母はダヒョンに彼女とジェインは祖父を通じて知り合ったのか問いただします。そしてダヒョンに祖父がテハについて何か言ってなかったかと聞きますが、ダヒョンがテハとは誰なのか聞こうとしたところへジェインが現れます。

彼が叔母にここで何をしているのかと尋ねると彼女はお客さんと話もしてはいけないのかと憤然として聞き返します。何が起きているのかさっぱり分からないダヒョンは、何故ジェインは自分の叔母に対してそんな失礼な態度を取るのかと不思議に思い彼の袖を引きますが、ジェインは冷たく叔母に立ち去ってはどうかと言います。

手を握りしめながらテハの母は歯を噛みしめダヒョンにまた今度話しをしましょうと言います。ダヒョンが躊躇しながら同意するとテハの母は苛立ちながらも気取った様子で出ていきます。

ジェインがただ単にいつもの未熟な部分が出ているだけだと思ったダヒョンは目上の人に失礼だと彼の腕を叩きます。自分が受けたのと同じ扱いをしただけだと答えます。彼は叔母がダヒョンに何の話をしようとしていたのかを尋ねますが、本題に入る前に会話を阻止することが出来たと聞いてほっとします。

ダヒョンはジェインを近所のレストランへ昼食をするために連れていきますが、食べ始めようとしたところでジェインの携帯が鳴ります。慌ててジェインはマナーモードに切り替えますがダヒョンは彼を気の毒そうに見つめます。お昼ご飯も満足に食べる時間が無いなんて彼はどれだけ忙しいのだろう。彼は自分の事を心配する彼女を見て微笑み、いつもこんなに忙しいわけではないから大丈夫だと安心させます。

突然ダヒョンは彼の叔母との会話を思い出し、好奇心に駆られてジェインに尋ねます。「テハってだれ?」ジェインは警戒したように彼女を見上げ、彼の叔母がテハについて何か言ったか聞きかえします。彼の反応に気づき、ジェインがこの間テハの名前を言っていたのを思い出しただけだとダヒョンは注意深く否定します。テハは自分の従兄弟だと暗い表情で答えます。

万が一テハに会うようなことがあれば、何があってもテハを無視してすぐに自分に知らせろとダヒョンに注意します。ダヒョンはテハがどんな顔かも知らないのにと指摘しますが、どちらにしてもその人に決して会うことはないだろうから大丈夫だとジェインに断言します。

レストランを出たところで、ジェインがダヒョンに家に送って行けなくて申し訳ないと謝ります。どうせ彼女はヒョンジンの店へタクシーで行こうと思ってたところだから心配ないと答えます。彼は去る前に愛おしそうに彼女の頭を撫で頬を優しくつまみます。

ダヒョンがヒョンジンの店で靴を見ていると、ジュヒと鉢合わせになります。ダヒョンはジェインの他の遊び相手より続いているようだとジュヒは嫌味たっぷりにダヒョンに言います。ジェインは既に結婚相手が決まっているから今まで6か月以上同じ女性と続いたことがない、とあえて教えます。

ジュヒは心配するような振りをして、ダヒョンはジェインとの結婚を考えたことがあるのかしら、と質問した後彼女に言います。

「あなたのためにも言っておくわ。ジェインにあまり夢中にならないことよ。」

ダヒョンは冷笑し答えます。付き合っている男女がこれからどうなるかなんて誰にも予測が出来ないと。彼女はジュヒに自分達の関係は自分達で面倒をみるから大丈夫だと言い、銀色に光るハイヒールを試着する為にジュヒに背を向けます。

ダヒョンは店員にこの銀色のハイヒールは履き心地があまり良くないのでもっとカジュアルな靴を試着したいと言います。それを聞いたジュヒは嘲笑います。ダヒョンにとってジェインはその銀色のハイヒールのようでどちらも彼女に似合わないと・・。

それを聞いてダヒョンは一瞬止まりますが、背筋を伸ばしジュヒを真っ直ぐに目を見て言います。「ジェインはあなたが思っているよりもずっと一緒にいて心地がいいわ。でも、あなたにそれが分かるわけないわよね。」靴も同じよなもので、合うか合わないか履いてみないと分からないわ、とダヒョンは続けて言います。ジュヒはダヒョンを睨み返すしか出来ません。

ダヒョンが通りをつかつかと歩くと今までの彼女の自信に満ちた態度が怒りと嫉妬心に置き換わります。ダヒョンががジュヒの前で彼女の言葉に動じてないように見せましたが、思ったより動揺してるようです。ジェインからの電話を無視しますが、それで彼は彼女がまた道に迷ったのではと余計に心配することになります。

ダヒョンの家でヒョンジンはジュヒとのここ最近の出来事を聞かされ、ジュヒとは一体何者なのだろうと考えます。その会話の途中ジェインから電話がかかってきますが、ジェインに公明正大に罰を与えるためダヒョンは絶対に電話を取らないと口をとがらせます。

突如座り直しダヒョンは今回の事に関して極めて公明正大になる方法があることを思い出します。彼女がジェインからの電話に出ると、彼はどうして電話を取らなかったのかと問いただしますが彼女は考え事が沢山あったからと彼に答えます。彼女は彼が家に送って行けなかったからと言って腹を立てるタイプじゃないと彼が主張し、彼女が何を怒っているのか尋ねますが、送って行かなかったことに怒っているのと言い電話を切ります。

彼女はジェインが最初から彼女を家まで送ってくれていたらあの意地悪い女と2度と会う事もなかったのにとため息をつきます。そしてジェインのことでこれ以上イライラしてもしょうがないと自分に言い聞かせます。ダヒョンは彼女も他の女性と同じだから6か月間付き合いたいと言ったのかと考えますが、元々自分も長期の関係を望んでいなかったはずと自分を納得させようとします。

その時電話が鳴ります。彼女はジェインからだと思い待っていたとばかりに電話に飛びつきますが、画面を見て少しがっかりした表情をします。電話はジスからでした。その間ジェインは実際にダヒョンに電話をするのですが、ダヒョンがジスと話をしているため留守電サービスに繋がります。

ダヒョンはSH Mallでのジスの歌を聴きに行き、彼の素晴らしい歌に大喜びします。しかし喜んでいるのは彼女だけではありません、彼女の横に立っていた若い女性もどうやらジスにぞっこんのようです。この若い女性はジェインの妹のスジョンです。そして彼女はアメリカにいる自分の母親に嘘までついてたった一人で韓国へやって来たようです。

歌の後、ジスとダヒョンはテハと出会います。ダヒョンは彼を以前の迷子の件で見覚えがあると気づきます。彼女は自分がジスのファンクラブの会長兼保護者的な者だと説明します。テハはSH Mallの広報室のマネジャーだと自己紹介します。

ダヒョンはテハにジスを今日のコンサートに招待してくれたことを感謝し、ジスが他のSH Mallのイベントで歌えるか持ちかけるとテハは快く承諾します。ダヒョンもジスもそのチャンスに大変感謝します。

テハがSH Mallを歩いていると自分の父親に出くわします。彼は父親に最近頻繁にMallに来ていると言いますが、テハの父は自分は年寄りだし時間と野心が旺盛なだけだと興味なさそうに答え、テハに早く自分の仕事に戻れとせかします。

その夜ジェインはダヒョンのアパート前で彼女を待っています。話しをしたいのですが彼女は軽く挨拶するだけで自分の家に駆け込みます。中に入り玄関でドアを前に腕組みをして立っています。ジェインはドアをノックし、彼の一番良い歌声で開けるように頼みます。(笑)

ダヒョンは最終的にドアを開けますが、ジェインは中に入るや否や彼女を椅子に座らせ、一体どうなっているのか問いただします。彼は彼女に何が問題なのか言ってくれないと何も解決出来ないと迫りますが、ダヒョンは彼が今までに付き合って来た女性について尋ねるだけです。彼には1か月以上6か月未満付き合うと言うルールでもあるの?

困惑した様子でジェインはダヒョンが嫉妬しているのかただ単に彼を試しているのか聞きます。彼女は彼を試していると答えます。彼女は浮気なんてしてたら許さないからと言いますが、彼は彼女と付き合うだけでも忙しいのにいつ誰か他の人と付き合う時間があるんだ、と彼女に詰め寄ります。

彼は彼女にこんなくだらない事を勝手に想像するぐらいなら電話ぐらい掛けて来たらどうなんだと言います。そこで彼自身が感じていた不満をぶつけます。「どうして僕の電話に出ないんだ?どうしていつも僕が電話を掛ける役なんだ?」ダヒョンは忙しいからと呟きますが理にかなっていないのが分かっているので不機嫌に立ち上がると、ジェインは自分は彼女よりもずっと忙しいんだと返します。

それでも何とか仲直りしたようで、ジェインが車に乗り込む前にアパートのある屋上にいるダヒョンへ向かって可愛く手を振ります。最初彼女はまだ不機嫌そうに横を向きますが2回目に彼が手を振る時には微笑み、降参したとばかりに手を振り返します。それを見てジェインは車に乗り込みます。

翌日、ニュースを今すぐ見てとヒョンジンからダヒョンに電話が掛かってきます。ヒョンジンはジェインを殺してやりたいと言います。混乱した様子でダヒョンは直ぐにニュースを確認します。彼女はニュースを読んで大きな衝撃を受けます。記事にはジェインとジュヒが結婚すると書いてあります。彼女は傷ついた様子で、自分こそがジェインを殺す、とヒョンジンに言います。

同じような電話をジェインもパク弁護士から運転中に受けます。パク弁護士は事務所に着いたら即ニュースを見ろと言います。パク弁護士はジェインとジュヒを経済界の大物カップルと報じている記事を見てため息をつきます。自宅でダヒョンは彼女の目の前で婚約するなんてジェインはどれだけ厚かましいのかと酷く傷ついた様子で考えます。

一方ジェインの事務所は電話がひっきりなしに掛かっています。カンチーム長がニュースを読む前にジェインが電話に出るのを阻止します。そもそも何故自分がジュヒと婚約するのかとジェインは憤慨した様子で言いますが、記事を読んで大変驚きます。

彼はカンチーム長にこの噂は真実ではないと声明を発表するように指示します。両者ともに声明に関しては本社に対応してもらうのが一番だと話しているところへSH Groupの秘書からジェインに電話がかかります。ジェインは全ては嘘で誰がこの噂を流したのか調べる、その間メディアの方は本社に任せたいと頼みます。

全てを説明しようとジェインはダヒョンに必死に電話をかけますが、彼女は電話に出ようとしません。ダヒョンは学校で生徒たちのために努めて明るく振舞いますが、婚約のニュースが心に重くのしかかっているのを隠せません。

ホテルのロビーでジェインはジュヒと出くわし、彼女は彼を呼び止めます。彼はこの状況を分かっていてここに来るなときつく言いますが彼女はそんなに悪い状況ではないと答えます。

ジェインが彼女は本当に最低最悪だと言うと彼女は前回二人の縁談から彼を救ったのは自分なのだから、最低でもこのぐらい恩返ししてくれてもいいはずだと自分勝手なことを言います。それに動じることなくジェインはあの時二人とも結婚に反対だったのだから彼女に借りなどないと言います。

公共の場で二人が話しているのを見られると余計に噂が広まってしまうと心配したジェインはジュヒを会議室へ連れていきマスコミに真実を発表しろと要求します。

ジュヒはジェインの事が好きなのに何故二人が結婚できないのかと彼に告白します。ジェインはそれを聞いて、もし彼がSH Groupの跡継ぎでなくても好きだと言えるのかと冷たく笑います。3年前と変わらずジュヒはSH Groupが好きなのであって彼を好きなわけではない、と彼は断言します。

ジュヒはSH Groupを牛耳れるのは確かに魅力的だと認めますがジェインのことも手に入れたいのだと彼に言います。ジェインは自分がおもちゃではなく、彼女の良い様に扱われるのはまっぴらごめんだと言い返します。彼はジュヒに自分の名前で呼ばないでくれと言いますが、他に彼女が呼べるような呼び名も無いので、全てひっくるめて彼の名前を二度と呼ぶなと言います。

虐げられ、ジュヒはジェインのように血も涙もない酷いことだって出来ると彼を脅しますが彼は彼女に近づきやれるものならやればいいと挑みます。彼女が言ったことは聞かなかったことにすると彼は言い、会議室を後にしますがジュヒもすぐ彼の後について会議室を出ます。

会議室を出たところで、ジェインはヒョンジンの兄、サンウに遭遇します。ジュヒと一緒にいるジェインを見てサンウは彼を睨みつけます。サンウはすれ違いざまジェインに「とんだプレイボーイだな」と皮肉たっぷりに言いますが、ジェインは返す言葉がありません。

学校ではダヒョンがまだジェインの電話に出ないので、ジェインが学校へ彼女に会いに行きますが、彼女と入れ違いになります。ジェインは帰宅途中のダヒョンを何とか捕まえ近くの公園へ移動します。彼は彼女にしばらくの間ニュースやネットは見ないようにと言いますが、ダヒョンはどちらもしてしまった後でもう手遅れだと言います。

ジェインがくそっと言うと、ダヒョンは彼は終始悪態をつくし、勝手に他の女性と婚約するし、全く良い所が無いときつく言います。ジェインは彼は婚約していないと強調しますが、ダヒョンは腹立たし気に契約書を取り出すと二人がお互いに浮気をしてはいけないという条項を指摘します。

ジェインはそんなんじゃないと大声で言いますが、ダヒョンは婚約のニュース画像が見たいかと彼に問います。彼が悪いことをしているのに何故そんなにも怒るのかと彼女は聞くと、ジェインは声を和らげダヒョンは本当に彼が彼女と付き合っている間に誰か他の女性と婚約するような人間だと思っているのか問いかけます。ダヒョンは彼に背を向け唇を噛みしめます。葛藤した様子でこれ以上分からないと彼に答えます。

ジェインはダヒョンを家に送り届け彼の口から出る言葉以外は全て無視し、頼むから自分を信じてくれと懇願します。ダヒョンは彼女が彼を信じられるような行動をしてくれと彼に抗議しますが、自分がどうかしてしまったのかとぶつぶつ言います。

彼女は計画期間はどうせもうすぐ終わるんだし、終われば彼があの女性と婚約しても関係なくなるのに、と言うとジェインは彼女を引き寄せ長い間抱きしめます。そして、彼女に先走るなと言います。

ジェインは契約期間が終わるまでは彼女を傷つけることはしないと約束し、ダヒョンにこれからは頼むから電話に出てくれと懇願します。彼女は笑い、彼に気を付けて帰るように言います。上からヒョンジンが二人の恋人をうれしそうに見守っています。ダヒョンが上がってきたら彼女をからかおうと待ち構えています。

ダヒョンは躊躇しながらもヒョンジンにジェインに対して一種の愛憎感情を抱いてしまった、どうしたら良いのだろうとヒョンジンに相談します。ヒョンジンは後悔しないように残された時間思いっきり情熱的に付き合えば良いとアドバイスします。

ダヒョンは、でもその後で彼と別れるのが耐えられなくなったらどうしたらいいのかとヒョンジンに聞きます。ヒョンジンは少し考えてダヒョンが彼と別れることを心配しているのかそれとも別れないことを心配しているのかどちらだろうと考えます。

ヒョンジンはダヒョンにそんなに将来の事を心配しなくても大丈夫、それに誰かと別れを迎えることはそんなに大したことではない、と諭します。「姿を見なくなれば、心からも消えてなくなるわ。」彼女は安心させるように言います。ダヒョンはそんな風になれば良いのにと思いますが、ヒョンジンはダヒョンを抱きしめなだめるように背中をぽんぽんと叩きます。

ジェインは車の中で先ほどのどのみち契約期間ももうすぐ終わるというダヒョンとの会話を思い出し、イラついてハンドルを叩きます。

翌日ホテルで、カンチーム長はジェインに婚約のニュースを流した記者は情報元の提供を拒んでいると報告します。何か株価操作の類が絡んでいるのかと考えたジェインはカンチーム長にジュヒの家族が経営するハンジュケミカルズの株価の動向に注意しておくように指示します。

ダヒョンが家でカレンダーを眺めていると、ヒョンジンがそんな決まった予定で付き合うのは大変に違いないと言います。ヒョンジンはジェインがジスと会う予定にしていると知ったら慌てて駆け込んでくるわね、と言うとダヒョンはいたずらっぽっく笑い、だからそのことは彼に話していないのだと言います。

孤児院でジスが彼の歌声で皆を魅了しています。歌が終わると全ての子供たちが彼のもとへ行き皆で抱擁しています。孤児院の院長がテハを連れて現れ、ダヒョンは彼を見てとても驚きます。テハはSH Mallは最近慈善活動にも目を向けていて孤児院は良いスタートになると思ったと彼女に説明します。ダヒョンに院長は彼が奨学金も提供してくださるからとテハに心から感謝するよに促します。

時間に気づいた孤児院院長が帰宅するのに時間がかかるから早く帰った方が良いと言います。テハは車で送ると申し出ます。ダヒョンは最初丁寧に断りますが、孤児院院長に一緒に帰った方が良いと強く勧められ送ってもらうことになります。車の中でジェインからの電話が鳴り、彼は彼女が何処にいるのか聞きます。彼が迎えに行こうかと言うと彼女は孤児院から家に帰る途中だと小声で言うなり電話を切ってしまいます。

テハが電話は以前彼女が話していた彼氏からのものに違いないと言いとダヒョンは頷きます。テハが彼と結婚するつもりなのかと聞くと、彼女は驚いた表情で彼を見ます。その表情を見たテハは立ち入ったことを聞いてしまったと直ぐに謝ります。ダヒョンは大丈夫だと言い、彼女と彼氏は今はただお付き合いをしているだけだと説明します。

ダヒョンは彼女の近所で下してもらうように言いますが、テハは家の前まで送ると言い張ります。テハがダヒョンの家の前に着くと、ジェインが既に駐車場に車を停めて彼女の帰りを待っています。ダヒョンがテハと一緒に車から降りるのを見て愕然としたジェインは二人に近づきダヒョンの名を呼びます。驚いて彼女は振り向きますが、彼女が今までずっとテハと一緒だったことを確信するとジェインは目をつり上げます…。

💛 1%の奇跡(2016)-あらすじ-7話~8話-ネタバレ

💛 1%の奇跡(2016)-あらすじ-11話~12話-ネタバレ

💛 1%の奇跡(2016)-あらすじ-全話一覧-ネタバレ

💛 1%の奇跡(2016)-登場人物-キャスト-相関図

💛 韓国ドラマの放送予定一覧

スポンサーリンク





【その他おすすめの韓国ドラマ】

💛 韓国ドラマ 仮面 あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 韓国ドラマ トンイ あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 チャン・ヨンシル あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 むやみに切なく あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 秋の童話 あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 ディア・ブラッド あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 韓国ドラマ 馬医 あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 王女の男-あらすじ-全話一覧-ネタバレ

💛 イニョプの道-あらすじ-全話一覧-ネタバレ

💛 明日もスンリ-あらすじ-全話一覧-ネタバレ

💛 タンタラ-あらすじ-全話一覧-ネタバレ

💛 オー・マイ・ビーナス-あらすじ-全話一覧-ネタバレ

💛 運勢ロマンス-あらすじ-全話一覧-ネタバレ

💛 恋はチーズ・イン・ザ・トラップ-あらすじ-全話一覧-ネタバレ

💛 我が家のハニーポット-あらすじ-全話一覧-ネタバレ

💛 チュノ~推奴~-あらすじ-放送予定-全話一覧

💛 ゴールデンクロス-あらすじ-全話一覧-放送予定

💛 韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 韓国ドラマ オクニョ 運命の女(ひと) あらすじ ネタバレ 全話一覧

💛 おバカちゃん注意報 あらすじ 放送予定 全話一覧

💛 韓国ドラマ 鬼(トッケビ) あらすじ 全話一覧 最終回

💛 韓国ドラマ 「女の秘密」 あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 【僕は彼女に絶対服従~カッとナム・ジョンギ】 のあらすじ-全話一覧-ネタバレ

💛 韓国ドラマ-凍える華(天上の約束)-あらすじ-全話一覧-最終回-ネタバレ

💛 運命のように君を愛してる あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 未生~ミセン あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 韓国ドラマ 限りない愛 あらすじ ネタバレ 全話一覧

💛 韓国ドラマ 紳士の品格 あらすじ ネタバレ 全話一覧

💛 韓国ドラマ 空港に行く道 あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 韓国ドラマ 風船ガム あらすじ 全話一覧 放送予定

💛 韓国ドラマ 彼女はキレイだった あらすじ 全話一覧 放送予定

💛 韓国ドラマ 偽りの雫 あらすじ ネタバレ 全話一覧

💛 韓国ドラマ ワーキングママ育児パパ あらすじ ネタバレ 全話一覧

💛 韓国ドラマ 大切に育てた娘ハナ あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 韓国ドラマ 私の婿の女 あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 韓国ドラマ 美しいあなた あらすじ 全話一覧 放送予定

💛 韓国ドラマ それでも青い日に あらすじ 全話一覧 最終回

💛 韓国ドラマ 2度目の二十歳 あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 韓国ドラマ 上流社会 あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 韓国ドラマ イヴの愛 あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 韓国ドラマ 美しき日々 あらすじ 全話一覧 ネタバレ

💛 韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ 全話一覧

💛 韓国ドラマ 黄金の虹 あらすじ 全話一覧 ネタバレ

最新映画はレンタル同時配信!地上波テレビドラマを追っかけ配信!
海外・韓流ドラマが充実!アニメもとことん楽しめる!